フォークギターの習い方

最近、大人の「習い事」が流行で、始める人も年々増加傾向にあります。
体によいとされる「スポーツ」や「ヨガ」もありますが、中でも音楽教室が大人気です。
生徒の年齢や職業も、OLやサラリーマン、主婦や定年退職した方など、実にさまざまです。
楽器や歌を以前から習っていた経験のある方ばかりではなく、初心者もたくさんいるそうです。
きっかけは「昔からやってみたかった」「あこがれ、夢だった」「ストレス解消やリフレッシュに」さらには「自分探し、自己実現に音楽を」という人も多いようです。
最近では特殊な楽器を使う「民俗音楽」などを習いたいと、ニーズも高くなってきているようです。
その背景には「聴く音楽」の多様化が挙げられます。
従来のポップスに加えて、古来の楽器による新しい音楽のヒットや、ビジュアル系奏者によるクラシックのヒットなどが、音楽のすそ野を広げ、「自分もやってみたい」という人が増えてきたようです。
音楽教室に通うとなると、まず「楽器を用意しなくては」と、気になると思いますが、今は、ほとんどの教室で生徒さんのレッスン用楽器を用意してくれています。
「大人の習い事で」フォークギターが人気で、主流は40代から50代の方が70〜80年代に中学から大学生だった青春時代を思い出し、流行った曲を自分で弾き語りをしたい、というものです。
フォークギター教室ではそうした生徒さんの要望に沿い、好きな曲のコードを覚えるレッスン内容となっているようです。

関連ページ

音符の読み方を覚えましょう
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?
中高年のピアノ教室
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?