アフリカの打楽器ジャンベ

「ジャンベ」とはアフリカの打楽器のことで、主にマリンケ族やバンバラ族などギニア共和国を含む西アフリカの民族の伝統打楽器です。
「ジェンベ」とも「ジンベ」とも呼ばれています。
胴体は深く木をくりぬいて、主に山羊の皮が張られている片面太鼓です。
胴の上部は丸みをおびて、中央がくびれたゴブレット形をしています。
胴体には様々な模様、装飾がほどこしてあり、アフリカの代表的な民族楽器の「ジャンベ」としてだけでなく、インテリア装飾品に置かれていたり、民族家具や輸入雑貨店などでもよく目にする楽器でもあります。
「ジャンベ」は深い低音とともに非常に高い音を出すことができ、また、1つの打面で3つの音を出せる打楽器で、気温が高く乾燥した環境で、よりよい音が出せるといわれています。
現在ではパーカッション楽器として世界的に人気の高い打楽器のひとつで、コンガやスティールドラムと並び、年々愛好者が増えてい傾向にあります。
「ジャンベ」は古くから人や自然とコミュニケーションをするための楽器として使われてきました。
演奏も地域の祭りや儀式に使われるためで、「ジャンベ」のリズムや共に踊られるダンスにもそれぞれ意味があり、演奏される目的や場所、時刻も限定され楽曲も決まっています。
例えば、祭司階級をたたえるリズム、強く勇敢な男たちをたたえて演奏されるリズムなどがその代表的なものです。
畑を耕すときに演奏されるものなどがあげられます。

関連ページ

ラテンアメリカのケーナ
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?
インドネシア、バリ島のガムランミュージック
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?