インドネシア、バリ島のガムランミュージック

「民族音楽」とは、その土地に住んでいる人たちが独自に造り、伝承してきた音楽のことで、詩の内容や、曲のメロディは一般に簡素で、素朴であるのが特徴です。
主に支配者や神々に奉上される地域の祭りや、労働の際に歌われる伝統的音楽ですが、それ意外の種類では「子供の音楽」「遊戯の音楽」「子守唄」「恋愛や結婚に関するもの」「戦争や軍事に関するもの」「労働や商売に関するもの」「物語のもの」「ダンスに関するもの」と、いうような内容の種類に」なっています。
インドネシア、バリ島の「ガムランミュージック」は、日本で言えば純邦楽に値するような古典芸能で、宮廷を中心に発達した、ゆったりとした演奏が特徴です。
「ガムル(たたく、つかむ、あやつる)」という動詞の名詞形で、その名の通り、叩(たた)いて音を出す金属打楽器のことです。
バリ島のホテルやレストランなどで一度は耳にした事のあるガムランの音色は緩やかでのんびりと体に響き、癒される音色です。
ガムランの音色にはα派を放出させる高周波が流れているらしく、科学的にもリラクッス効果があるのは立証されています。
ガムランボールは、軽く振ると「シャララン」と不思議な音を奏でます。
また、100人もの肉声による「ケチャ」といわれる呪術的踊りを伴う男性コーラスや、「スマル・プグリンガン」と呼ばれる竹笛を青銅製に転用したもの、などインドネシアの魂の叫び「ガムランミュージック」には圧倒されます。

関連ページ

ラテンアメリカのケーナ
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?
アフリカの打楽器ジャンベ
民族音楽というものに触れたことはありますか?世界各地で愛されている民族音楽は、祭りや祝い事など、様々な場面で楽しまれます。皆さんも、趣味として民族音楽に触れてみませんか?